ペット火葬のサービスで知っておくとお得で効率的に進められるポイントの紹介

このサイトではペット火葬のサービスを利用するときに、事前に知っておくとお得なポイントなどを丁寧に紹介していきます。
自宅まで出張してもらって実施することができる火葬のサービスも用意されているので、そのような特殊な内容も丁寧に説明していきますから、実際にチェックしておくと役立つはずです。
どのようなことをすれば心に残るような状態にすることができるのかも、しっかりと解説していきますから、確認しておくと安心できます。

ペット火葬のサービスで知っておくとお得で効率的に進められるポイントの紹介

ペット火葬のサービスを利用する場合は、しっかりと事前に情報を集めておかないといけないです。
お得で効率的に進められるポイントについて知りたい人も多いかもしれませんが、基本的には複数の場所で見積もりを出してもらうのが大切なポイントになってきます。
適正な価格でサービスを提供しているのか簡単に理解できるようになるので、お得にペット火葬を利用できるようになれるはずです。
お墓までセットになっているようなプランもありますから、そのようなプランを選ぶのも大切なことになります。

葬儀業者に持ち込むことで実現するペット火葬

ペットが亡くなったとき、遺体をどうすれば良いかわからないという飼い主さんは多いものです。
もし、ペット火葬業者と契約をしているなら、業者に連絡することで火葬場まで持ち運びをしてくれることもあります。
ですが、中には飼い主さんの手で持ち込む方法を採用している場合もあるので、注意が必要です。
持ち込むことが必要となる場合は、段ボールなどの箱に新聞紙を敷き詰め、遺体を布地で丁寧にくるむ方法がおすすめと言えます。
ペット火葬を行う斎場や霊園にまで遺体を運ぶ方法は、特にこれといった決まりはありません。
生前のときのようにそのまま抱いて持ち運ぶ方や、布やタオルでくるんだ方が多い傾向にあります。
気を付けたいのは、段ボール箱などに綺麗な飾り付けなどをしてもペット火葬を行うときには内部の遺体を取り出し、飾りなどは一緒に燃やすことが出来ない場合があるという点です。
段ボールや木箱は燃えにくく、ペット火葬を行う際には不向きな素材と言われています。

コストが安い自治体に依頼するペット火葬

近年ではペットをかけがえのない家族の一員として遇する家庭が増えてきたことから、亡くなった際にペット火葬を請け負う専門の会社も全国各地に続々と登場しています。
こうした会社に依頼をすれば、経験がある分だけ作業のスピーディーですし、葬儀や埋葬などの他のサービスも一括して請け負ってもらえることが多く、安心して任せられるメリットがあります。
しかしペット火葬専門の会社の場合、依頼をするのにも金額が高額になりがちなのがネックです。
そこで同じくペット葬儀をするのであっても、コストが安い自治体に依頼をする方法も検討に値します。
種類や大きさによっても金額が異なりますが、料金は数千円程度からというのが一般的で、この程度の金額であれば経済的にも満足がいくはずです。
ただし自治体の場合には清掃センター・清掃工場などで受け付けていることも多く、たいせつなペットが廃棄物として扱われるのは耐えられないという心情的な面での課題があります。
また自前の動物専用炉がない限り個別火葬もできませんので、遺骨が返還されずお墓への納骨もできないところも考慮すべきでしょう。

セレモニーとセットで行ってくれるペット火葬

ペット火葬とはいっても、取り扱っている会社によってそのサービスの内容はさまざまです。
ごく一般的なのは専用の施設にペットの遺体を搬入し、ここでペット火葬をしてもらうことですが、最近ではそれだけではなく、自宅まで火葬炉を積載した専用の車両で出張に来てくれるサービスなども登場しています。
この場合は他家のペットと合同での火葬ではなく、あくまでも単独でとなりますので、遺骨を骨壷に入れてどこか適当なお墓に埋葬することも可能です。
またペット火葬とあわせて何らかのセレモニーを執り行ってくれるサービスが付随していることもあります。
セレモニーとはいっても、他家との合同によるお別れ会のようなものもありますし、個別に僧侶を招いて読経を上げてもらう人間の葬儀とほぼ同じものもあります。
さらに遺骨を埋葬できる専用の墓地があらかじめ用意されているか、または合同で慰霊ができる供養塔が設けられているケースもありますので、確認してみるとよいでしょう。

ペット火葬の後の納骨対応について

ペット火葬は人間の火葬とはその方法が大きく異なることがあり、火葬後の納骨対応などもそのひとつといえます。
人間の場合であれば火葬をした後、すぐに近親者が集まって骨上げを行い、あらかじめ用意しておいた骨壷のなかに遺骨をていねいに納めます。
その際すでに先祖代々の墓地があるのであれば、そのまま墓地まで出向いて納骨をします。
ところがペット火葬の場合には、そもそも遺骨が返還されないケースもあることは想定しておいたほうがよいでしょう。
たとえば自治体の清掃センターに依頼をした場合や、ペット火葬専門の会社であっても合同火葬を選択した場合が該当します。
この場合は依頼したペットと他家のペットなどとの区別がつかなくなってしまいますので、まとめて合同供養塔に埋葬されるか、自治体であれば廃棄物の残渣として処分されることになります。
もしもお墓を新設する意向があるのであれば、個別火葬を選択し、遺骨を返還してもらうようにすることが重要です。

に関する情報サイト
ペット火葬のポイント

このサイトではペット火葬のサービスを利用するときに、事前に知っておくとお得なポイントなどを丁寧に紹介していきます。自宅まで出張してもらって実施することができる火葬のサービスも用意されているので、そのような特殊な内容も丁寧に説明していきますから、実際にチェックしておくと役立つはずです。どのようなことをすれば心に残るような状態にすることができるのかも、しっかりと解説していきますから、確認しておくと安心できます。

Search